FXの情報局

 

キーワード

機関投資家

購買力平価説

FX

持合い

ミクロ経済

KRW


オススメのページへ

想定外 なボラティリティー に注意
実際 にFX はどうなのか
通貨 の種類
FX は優勢
危険 の制御
FX のオポチュニティ
リスク のレベル
投資スパン とチャンス
 
オススメです!
XM口座開設

−今日のFX用語−
ディップ
「ディップ」とは、為替レートの上下動中に一時的に小さく下がる値動きのことをいいます。


FX とカレンシー

為替 が動く因子 は、何といっても テクニカルとファンダメンタルズの2つだということは、本当 に取り引き すれば見えてきます。 それと このところ ポピュラー のシステムトレードは、トレーダー の感情を排して自動取り引き できる点が良いところ です。

テクニカルとファンダメンタルズ分析の両方にアタック してレート のトレンド を総合的にさまざまな 視点から観測するようにするのを目標 としてください。 ポンド円やニュージーランドドル円はボラティリティー が荒いのが一般的 ですので 、レバレッジは2倍程度が英断 でしょう。


外国為替証拠金取引 の手段

FX 駆け出しの方 は、FX に関するある程度 の知識くらいは身につけたいですね。そしたら 、基本的な取引き の手段 や用語はサイトを見ながら覚えるのもわりに いいと思います 。 なによりFX は自動トレード が非常に 充実してますので、有効的に使用 すれば時間効率がとても 改善 されます。

資源国であるオーストラリアの通貨 であるオーストラリアドル(AUD)は、強い経済と高金利に意義  があり、評判 になっています。 底値で買って儲ける には、いつも 売買 するのでなく、ニュースをよく見直し してレートの豹変 がはじまったらオポチュニティ を掴むのです。

たいていは 、為替 の流れに追従していくMACD(マックディー)と、カレンシー の振幅を観測 するスローストキャスティクスを使い分けることは有益 です。 ロス の回数が少ないとほんとうに 心理的には楽になりますが、重要 なのは回数ではなくて損失 の額だと思います。

 
© Copyright